わらべうた

昔からの鬼ごっこあそびをする子どもたち

昔から伝わるさまざまな歌あそび

地域や世代によって

歌詞やイントネーション

遊び方も異なり

おもしろいですよね

 

下の子が小学校1年生の時のおはなし

毎日書いていた『あのね帳』

ある日の作文を読んでいると

「みんなで”そうこがぬけた”おもしろかったです」

私(・・?倉庫?抜ける?)

よくよく読み進めると

「なべなべそうこぬけ」

ああ

そうこぬけとは

倉庫抜け(?)じゃなく

底ぬけ(鍋の底)ですね(笑)

 

私も子どもの頃

友達とよく遊んだので

とても懐かしい気持ちに合わせ

わが子も同じように遊ぶことに

嬉しかった思い出です

 

花いちもんめ

かごめかごめ

だるまさんがころんだ

あ~ぶくたった

けいどろ(どろけい?)

みんなでできる

たくさんの遊び

 

当時の『あのね帳』から

かれこれ10年以上経ちますが

今も子どもたちには

受け継がれているのでしょうか

 

便利な遊びや

新しい遊びも

増える中で

昔の遊びも

たまにはしてみたいなあと

大人になっても

感じます

 

誰か私としてくれる人

この指と~まれ👆

投稿者プロフィール

古坂禄子
古坂禄子くれたけ心理相談室(生駒支部)心理カウンセラー
今日もご覧いただきありがとうございました。
「わかる」「安心する」「和む」をテーマに、日々綴らせていただいております。今日も皆様の心に届き、お役立ちいただけますように。
プロフィール詳細はこちら

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

おやすみの日

次の記事

ならまち散歩